心療内科 精神科 神経科医療法人仁精会 三河病院

心療内科 精神科 神経科医療法人仁精会 三河病院

予約専用電話
tel.0564-72-8580

〒444-0840愛知県岡崎市戸崎町牛転2番地

診察内容

心療内科心理的因子による疾患である心身症を診察します。

心療内科は心身医学を内科の領域において実践する診療科です。

日本の医学は、西洋医学に基づいており、身体の各部分の専門家がそれぞれのパーツを科学的にアプローチしていこうとするものです。
ところが現代では、病態が複雑化し、慢性的病態や生活習慣病、機能的病態などが増えてきて、各病態により適切に対応できる医学が必要となり、
心身医学が生まれました。

初めて受診される方
 心療内科では、診療の対象年齢を18歳以上とさせていただきます。
  十二指腸潰瘍・生理不順・高血圧など、ストレスから身体に疾患が出ている方を対象として診療しています。

心療内科とは?

病気(ここでは機能的障害と呼びます)には、身体理由で発症するものと、心理的因子で発症するものがあります。
特に心理的因子がきっかけで発症しやすい機能的障害を中心に、身体面・心理面・社会面から総合的にみて治療をしていくのが、心療内科の姿勢です。

「こころ」と「からだ」の関係

心と身体の関係性を、専門用語で「心身相関」といいます。この心身相関は、心療内科の重要な基本概念とされています。
私たちの心と身体は常に変化しており、決して固定したものではありません。
昨日の体調と今日の体調が違うのはもちろん、筋肉が緊張したり緩んだり、心臓は常に動きながら速くなったり遅くなったり、
胃腸の状態もどんどん変化します。

この、心理的因子がきっかけで発症しやすい機能的障害を「心身症」と呼びます。

心身症の
代表的な病例

・十二指腸潰瘍 ・神経性胃炎 ・過敏性腸症候群 ・生理不順 ・偏頭痛

・高血圧  ・気管支炎  ・喘息  ・狭心症  ・アトピー性皮膚炎

心身症 と 自律神経失調症の違いとは?

心身症

心理的因子、精神的な悩みが原因となり、
身体に様々な不調を生じる機能的障害のこと。

自律神経失調症

副交感神経と副交感神経のバランスが乱れることで生じる
身体の様々な不調を総称したもの。
身体に表れる症状が心身症と似ているため
混同されがちですが、疾患発症のきっかけが異なります。
ただし、自律神経失調症が悪化して、
心身症を併発する場合はあります。

ページトップ

ページトップ

外来診療の時間は月曜日から土曜日の<午前の部:9時~12時30分>および<午後の部:13時30分~16時30分(お電話にてお問い合わせ下さい)>の完全予約制としております。 初めての方・他の病院等から紹介状を頂いた方・学校などから受診をすすめられた方等につきましては、事前に予約専用電話にてご予約をお願いいたします。